教学入門

南無妙法蓮華経

任用試験の「南無妙法蓮華経(教学入門)」について、要点を述べています。

南無妙法蓮華経とは、日蓮大聖人が覚知された、万人の苦悩を根本から解決する「法(ほう)」です。

南無妙法蓮華経は宇宙と生命を貫く根源の法です。また、日蓮大聖人の仏の生命であり、それは万人にそなわる法でもあります。

「仏の生命が、私たち自身の生命に厳然と具わっている」。そう信じることで、内なる妙法がおもてに顕れて、仏の境地を実現できるのです。

このことを日蓮大聖人は、
『此の御本尊全く余所に求る事なかれ・只我れ等衆生の法華経を持ちて南無妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団におはしますなり(御書全集1,244ページ)』
読み⇒「このごほんぞんまったくよそにもとむることなかれ・ただわれらしゅじょうのほけきょうをたもちてなむみょうほうれんげきょうととなうるきょうちゅうのにくだんにおわしますなり」
と仰せになっています。

そして、自身が本来、仏である、南無妙法蓮華経の当体であるということを知ることが最大の人生の喜びであると示されているのが、
『始めて我心本来の仏なりと知るを即ち大歓喜と名く所謂南無妙法蓮華経は歓喜の中の大歓喜なり(御書全集788ページ)』
読み⇒「はじめてわがこころほんらいのほとけなりとしるをすなわちだいかんきとなづくいわゆるなむみょうほうれんげきょうはかんきのなかのだいかんきなり」
という御文です。

任用試験 出題範囲一覧へ